Recruit
リクルート

社員の声INTERVIEW

津覇 実裕

沖縄急送の強みは現場レベルの対応力
現場も事務方も経験豊富な人がたくさんいます

那覇港営業所
津覇 実裕 社歴9年 主任 30歳
現在担当している仕事について教えてくだい

2年ほど前から那覇港営業所で県外向けの冷蔵・冷凍貨物の出荷(集荷手配・船積み手配等)を担当しています。沖縄急送では幅広い温度設定が出来る定温輸送コンテナを扱っていて、豚肉やもずく、青果物、冷凍加工食品など、種類や季節によりお客様と相談しながら設定温度を細かく管理し出荷しています。入社当時はまだ那覇港営業所がなかったため本社勤務。親会社である琉球海運の福岡支店に3年ほど出向していた時期もありました。出向先は船会社で、急送とは業種が違うため、日々様々な貨物を目にして新鮮で面白かったです。

KEW_8846
沖縄急送に入社した経緯を教えてください

私は新卒でしたので、大学に張り出されていた社員募集を見て応募しました。沖縄急送を知る前は、正直物流の仕事に興味はありませんでしたが、大学からの勧めがあったのと体力には自信があるので受けてみたら「物流って面白そうだな」と興味が湧きました。沖縄急送は、親会社が琉球海運で県内外にグループ会社や提携している会社がいくつもあり、陸上輸送(自動車や鉄道)、海上輸送が全て繋がっているためスピーディかつ最適な状態で送りどけることが出来る企業力に、魅力を感じています。

KEW_8706
入社以降、一番心に残っているエピソードは?

入社後初めて、切り花の出荷を体験した時のことですね。沖縄は菊の生産地で、お正月などの時期に合わせて菊の花を県外に大量に出荷します。約2週間夜勤作業が続き、生活リズムが崩れて大変でした。でもその分、全て終わった後にお客様と一緒におこなった打ち上げは最高でした。沖縄は台風が頻繁に来るし、作物は成長スピードが一定ではないため予定通りに出荷が進まないことがあります。しかし、急送には経験豊富な人が多く皆が現場レベルでの対応力を持っているんです。急遽当日に出荷出来ないかなどと相談を受けることもありますが、そういったイレギュラーにも事務方と営業とで連携して対応出来るのは急送の強みだと思います。

KEW_8928
KEW_8705
KEW_8735