Recruit
リクルート

社員の声INTERVIEW

仲里 美奈子

どうしてもあのトレーラーに乗りたい!
やる気と根気でドライバーの座を獲得

配送課
仲里 美奈子 社歴19年 乗務員 48歳
現在担当している仕事について教えてくだい

大型トレーラーのドライバーをしています。港と自社センターを往復し、船からの揚げ荷を自社センターに運んだり、センターからの荷物を船積みする仕事です。運転席は見晴らしが良く、音楽を聴きながら毎日気持ちよく運転しています。ドライバー同士とても仲が良く、長く働いていると相手がどこに行くのか何をしたいのかが分かってくるので、お互いに協力しながら仕事が進められますね。何かあれば、まずは配車係に相談。上司もよく話を聞いてくれる環境です。朝は皆でラジオ体操をするのですが、普段の仕事では話せない人とのちょっとしたコミュニケーションの時間にもなっています。

KEW_7825s
沖縄急送に入社した経緯を教えてください

沖縄急送に入る前は事務員をしていましたが、ある時女性が大型車を運転しているのを見て、私にも出来ると直感。すぐに大型免許を取りに行きました。しかし当時大型ダンプは女性ドライバーもいましたが、トレーラーはほとんど居なかったし、募集もなかった。それでもトレーラーに乗りたいので、沖縄急送に直談判しに来たんです(笑)。最初は断られましたが、何ヶ月も通っているうちに、根負けした部長(現専務)から「見習いからやってみるか」と言われて、冷凍部署の4トン車に助手として乗らせてもらうことからスタートしました。入社当時はドライバーが荷ばらしまでしていたので、女性で大きなトレーラーは体力的に厳しいというのが会社の判断でしたが、今は作業の分担化が進みフォークオペレーターが荷降ろしをしてくれるので、女性の仕事として大型トレーラーのドライバーという仕事が不可能ではなくなりました。主婦だった頃に比べて子どもたちとの時間は減りましたが、母子家庭だったので家族で覚悟を決めてこの道に進むことを決め、しっかりとした収入が得られるようになり満足しています。

KEW_7871s
入社以降、一番心に残っているエピソードは?

入社16年目で、初めて私専用の新車を与えられたことです。それまでかなり古いトラックに乗っていたのですが、当時の役員の方が「次の新車は美奈子に使わせろ」と言ってくれて。新車が嬉しくて、車内は土足厳禁にしました。休みの日の前は遅くまで残って洗車して、1日1回は内装も拭いているし、乗る前には必ず1周回って傷のチェックもしています。おかげで3年経った今でも新車の様にピカピカです。運転は、認知・判断・操作。最初の頃は縦列駐車するのに、なかなか思うように収まらず、ぶつけてしまったこともありましたが、今はぶつけることはまったくありません。

KEW_7879